雄踏の家

photo: mamoru ishiguro

浜松市の2階建て木造住宅です。4つの切妻型の空間が直列に連なって全体の空間を構成しています。切妻空間の形状はそれぞれ異なっているため、屋根と外壁がずれながらつながり、凹凸形状の外観をつくっています。

この凸凹形状を活かして屋根の段差部分に窓を設けたり、1階の中庭と2階のテラスを東西に分散して交互にずらして配置させることで、様々な方向から住空間に光が入るように工夫しています。

1階のリビングは3つの庭に面する開放的な空間になっています。2階には3つの個室があり、それぞれの空間には専用のテラスを設けています。