田原の家

photo: mamoru ishiguro

田原の家は、立方体の合理的な形状、木造在来工法のモジュール、規格サイズの住宅サッシ、既製品の住宅設備、簡素な仕上げ材等の採用により、コストダウンを図った住宅です。階段を中心にして周りに諸室を配したプランは、4方向に開かれたテラスとバルコニーを持つことができ、敷地の方位や周辺状況に合わせて諸室の組み替えが可能です。

一定規模以上の敷地ならばどのような場所にでも適応できる汎用性を持つ、半規格型の住宅になっています。