小畷の家

photo: mamoru ishiguro

美しい和風庭園の中に佇む木造2階建ての住宅です。広い敷地の中に数寄屋造りの雰囲気の良い古い母屋が建っていて、その母屋の隣に新たな住宅を建てる計画でした。

母屋と庭園との調和を図るため、建物の屋根を切妻形状とし、幅や高さの違う3つの山型空間を母屋と平行に配置しました。広い敷地の中に新たな3つの切妻屋根が加わることで、敷地全体がより美しく整えられ、静けさや自然との調和が感じられる風景になればと考えました。

3つの山型空間は筒状の細長い空間になっていて、それぞれの空間の用途に合わせて山型の幅と高さ、奥行きを決めています。

中央の山型空間は、主な生活の場となるリビングと寝室であり、最も幅の広い空間です。リビングは庭園の方向に開かれ、手入れの行き届いた美しい和風庭園を眺めることができます。奥の寝室との間には小さな中庭があって、プライベートな屋外空間をつくっています。

2階建ての山型空間は、浴室などの水回りと個室のある空間です。中庭に面する吹抜け部分は日当たりの良いサンルームであり、ちょっとくつろげるほどの広さがあります。1階奥の洗面室はサンルームに面していて、自然光に満たされた明るく清潔感のある水回りになっています。2階の個室からは、母屋まで連なる切妻屋根が美しく見え、屋根越しに遠方の風景を見渡すことができます。

母屋側の幅の狭い山型空間には、エントランス、収納、トイレ等がコンパクトに収められています。

これら3つの異なる山型空間を行き来し、回遊しながら楽しく生活できるようにすることで、日常の生活がより豊かになればと考えました。

new