House-M

photo: mamoru ishiguro

木造2階建ての住宅です。敷地は区画整理のため造成中の広々とした街区の一画にあります。敷地周辺にはまだ建物が少なく、造成工事の重機が点在する荒涼とした雰囲気の場所でした。隣地には区画整理に先行して大きなスーパーが建設されています。

敷地の周辺環境が将来どのように形成されていくのか不明な状況であり、また建主様よりプライバシーの確保を強く求められたことから、建物の外周部を壁で囲って閉じ、中庭を内包するコートハウスとして計画しました。

生活空間をリビングスペースと寝室スペースに大別して2つのヴォリュームをつくり、中庭やテラスなどの屋外空間と交互に並列配置しました。すべての居室が南側の屋外空間に面するようになり、一日中太陽光が入る明るく開放的な住空間をつくっています。

生活の動線は玄関→寝室→リビングとしており、リビングと寝室をつなぐブリッジ状の渡り廊下を行き来しながら生活する空間構成にしています。この渡り廊下はプールのある開放的な中庭の上を通っていて、光や風など外部の自然を豊かに感じながら生活できるようになっています。

new