多米の家

photo: mamoru ishiguro

木造2階建ての2世帯住宅です。1階が親世帯、2階が子世帯の住まいになっています。敷地の面積が十分ではなかったため、限られた空間の中で2世帯の家族が快適に暮らせる住空間を如何につくるかが問われた計画でした。

まず家族が集うリビングに最大限に広いスペースを確保し、大きな開口を設けて外部に開かれた開放的な場所をつくりました。一方、寝室となる個室群をリビングの西側に沿ってコンパクトにまとめ、それぞれの場所がリビングにダイレクトにつながるようにしました。また、建物東側に並ぶ構造壁の間には棚板を設け、リビングに面する長大な収納にしました。棚板は建主さまのDIYによって自由に設えられていて、様々なモノが飾られて生活空間に彩りを与えるスペースになっています。

2階の個室空間は、建主さまからの多様な要望を叶えるため、ロフトを設けてオープンで多目的に使える場所としました。狭いスペースの中でもストレスを感じることなく楽しく生活できるように、起伏のある床を立体的に構成しました。ロフトの床厚も棚板と同じになるように薄くし、リビングから見える床板の立体的な構成が軽やかに見えるように配慮しました。

1階には親夫婦それぞれの個室があり、クローゼットを介して2室がつながるように配置しました。リビングに面する玄関は店舗のファサードのように前面道路に対して広く開き、空間の広がりと奥行きが感じられるように配慮しました。

以上のような「外部とつながる開放的なリビング」、「コンパクトで機能的な個室群」、「生活を彩る壁収納」、これら3種の空間が並列する帯状の3層構成をつくり、それらの空間を自在に行き来できるようにすることで、2世帯の家族が日々の生活を楽しみながら、快適に暮らせる住空間をつくろうと考えました。

2017年  第49回中部建築賞受賞

new